大阪で歯茎の黒ずみ取りは大阪市の大阪中央審美歯科ホワイトニングサロンへ!歯茎の黒ずみ除去は対応の大阪市の歯科医院(歯医者)

大阪の審美歯科専門の歯科医院
歯茎の黒ずみ取り:ガムターンオーバー法
  • クリニックメニュー
  • 審美歯科:前歯・歯並び
  • ホワイトニング
  • 歯茎の黒ずみ取り
  • 針金の無い入れ歯・義歯
  • 審美歯科(銀歯を白い歯へ)
  • ビューティーホワイトニング

大阪の審美歯科専門歯科医院
大阪中央審美歯科・ホワイトニングサロン

  • 審美歯科症例集
  • 患者様の声
  • 審美歯科の匠
  • 漫画でわかる審美歯科女性編
  • 漫画でわかる審美歯科男性編
  • 漫画でわかる審美歯科男性編
  • 問診票ダウンロード
  • ミント歯科求人情報
トップページ > 歯茎の黒ずみ取り
ガム・ターンオーバー法

ガム・ターンオーバー法で美しい歯茎を取り戻しませんか?
歯茎の黒ずみ取はこのような方に最適です。
大阪の大阪中央審美歯科・ホワイトニングサロンでは、歯茎の黒ずみ除去にも対応しております。

従来のレーザー法を超える即効性を持った「ガム・ターンオーバー法」なら、1回での施術で綺麗な健康的な歯茎の色を取り戻せます。歯茎の黒ずみ除去は個人差が少なく、ほとんどの方が1回の施術でその効果を実感できます。(※余程の深い位置まで黒ずみが侵入してない限り)

ちなみに、従来のレーザー法では、レーザーで歯茎を焼きコゲさせる為、痛みが強く出たり、長い施術時間の割りに余り効果が実感できなかったという場合がありましたが、当院の歯茎の黒ずみ除去「ガム・ターンオーバー法」は、従来のレーザー法と全く異なる方法で、短時間で即効性と改善度の高さがございます。

施術の流れとしては、以下のようになります。
歯茎の黒ずみ取りの治療の流れ
施術後、約1週間から10日程で、色も安定し、キレイなバージンピンクの歯茎を取り戻せます。
患者様としても非常に取り掛かりやすい治療ですので、歯茎の黒ずみでお悩みになられている方は、是非、当院にご相談下さい。きっと満足いかれる歯茎の色を取り戻せます。

これまで、当院で歯茎の黒ずみ除去「ガム・ターンオーバー法」をお受けになられた患者様は、非常に満足度して頂いております。

歯茎の黒ずみ除去で歯茎をキレイにされたい方は、是非、大阪中央審美歯科・ホワイトニングサロンにご来院下さい。

大阪で歯茎の黒ずみ取りは大阪市の大阪中央審美歯科ホワイトニングサロンへ!歯茎の黒ずみ除去対応

歯茎の黒ずみ取りのご予約手順

歯茎の黒ずみ取りのご予約手順図説

大阪で歯茎の黒ずみ取りは大阪市の大阪中央審美歯科ホワイトニングサロンへ!歯茎の黒ずみ除去対応

有名美容室とコラボ
Q 支払い方法は?
A カード払いも可能です。

Q 痛みは?
A ほんの少しだけ、ピリピリとした感じがあります。
例えるなら、日焼けした後にあびるシャワーのような感じがあります。
人によっては、逆に歯茎が生まれ変わる感じが身を持って感じる事ができ、「わくわくした」という患者さんもいますので、その程度のものとお考え下さい。
ただし、歯茎に傷がついていたり、歯茎が弱っている場合は痛みが生じる可能性があります。他院でレーザー法を受け、効果に満足いかず「ガム・ターンオーバー法」をお受け頂く場合は、最低でも10日程度はおいてからご来院下さい。

Q 回数は?
A 基本的に1回の施術で、今までのご自身の歯茎との違いを実感頂けます。
この点は歯のホワイトニングと異なり、多くの方に満足いただけるのは幸いです。
あくまで医学ですので、100%という事はありませんが、従来のレーザー法と比較すると、複数回の施術を必要とする方は減りました。しかし、やはり100人ほど施術をすると、そのうち数名は2〜3回の施術を必要とする症例があります。これが医学の限界という物です。
ただその場合には、初回の施術から1ヶ月以内なら2回目は半額で施術させて頂きます。
また、よりピンクへと望む方や、ほんの少しの点状の茶色も改善したいという方は2回目へ移行します。

大阪で歯茎の黒ずみ取りは大阪市の大阪中央審美歯科ホワイトニングサロンへ!歯茎の黒ずみ除去対応


歯茎の黒ずみの原因と治療法
A:メラニンが原因の場合
歯ぐきの黒ずみの原因で多いのは、メラニン色素の沈着によるものです。
これは、タバコを吸っている人によく見られるもので、喫煙者本人だけに起こるものではありません。受動喫煙によって、子供など、家族の歯ぐきが黒ずんでしまうこともあります。
メラニン色素のせいで、歯ぐきの色が暗赤色や黒くなっている場合は、「ガム・ターンオーバー法」で沈着部分を取り除けば、元の歯ぐきの色に戻ります。
すなわち、特殊な薬剤を塗って、歯ぐきの表層を剥離してやるのです。
治療時間は数分程度です。施術直後は歯ぐきはやや赤みと白みの強いピンク色になりますが、少し時間がたつと色は落ち着きつきます。
ただ、タバコを多く吸う人は治療でいったん色が改善しても、吸わない人よりもあと戻りしやすいでしょう。

B:メラニン以外が原因の場合
「ガム・ターンオーバー法」で改善できない歯ぐきの黒ずみもあります。
例えば、歯の治療で金属材料を使うと唾液によって、その金属が溶けて歯茎に色がついてしまうことがあります。
よく、「差し歯」をしている方が、歯茎の付け根の部分が黒くなっていたりするのがこれです。
こういう症例は、薬剤ではなかなか解決でしません。
また、腫瘍ができて、歯ぐきの色が変色する場合もあります。
この場合は専門的な治療が必要になります。
歯ぐきがより黒っぽく、着色されたように見えることがあります。
しかし、専門の歯科医が見ればメラニン色素の沈着による変色と見間違えることは、ありません。
喫煙によるメラニン色素の沈着なのか、治療で使った金属の影響なのかなど、歯ぐきの着色の原因は、歯科医師であれば判別できます。

C:差し歯の陰が原因の場合
金属土台を使った差し歯を装着したため、歯ぐきが黒ずんで見えることもあります。
これは前途のBのように金属が溶け出たのではなく、光の当たり方で視覚的に黒ずんで見える場合です。
口の中に入った光は、口の内側から歯ぐきを照らします。天然歯は透明感があり光を通すので、外側からは歯ぐきが非常に明るいピンク色に見えます。
しかし、金属土台の差し歯やかぶせを装着すると、光が金属で遮られ、外側から見たときに、歯ぐき部分がやや黒ずんで見えるのです。保険の差し歯や、メタルボンドという金属が中に入ったセラミックによる黒ずみが気になる場合は、光透過性の高いオールセラミッククラウンに変える事で解決できます。

大阪で歯茎の黒ずみ取りは大阪市の大阪中央審美歯科ホワイトニングサロンへ!歯茎の黒ずみ除去対応

  • 審美歯科:前歯・歯並び
  • ホワイトニング
  • 歯茎の黒ずみ取り
  • 針金のない入れ歯・義歯
  • 審美歯科:銀歯を白い歯へ
  • ビューティーホワイトニング