セラミック矯正

セラミック治療での歯並び・矯正治療

セラミック矯正について

大阪 セラミック矯正

セラミック矯正とは、歯を削り、その削った歯の上に、健康保険の利かない人工の歯(この人工の歯のを「セラミック」と呼ぶ)をかぶせて、歯並びをキレイに見せる技術であり、本来、歯科学的には「審美補綴」というのが正しい名称です。ただ、結果的にではありますが、ガタガタであった歯並びがキレイに改善されると言う面では、本来の矯正治療と得られる結果が同じなため、美容外科さんが主体となり作ったいわゆる「造語」なのです。

セラミック矯正は、健康な歯を削ったり、神経を意図的に抜くという面で、歯科医師の中からも否定的な意見を持つ方も多いのも事実です。ただ、対象となる歯がすでに虫歯で神経が無い場合や、もしくはすでに差し歯が入っている場合には、仮に「ワイヤー矯正や、マウスピース矯正」を実施したとしても、その後に「セラミック治療」を追加で受けなくてはならない場合が多く、このような場合は時間的にも費用的にもセラミック矯正の方が優位になる事もあります。

また人生を左右するような大きなイベント(オーディション等)にまで短期的に間に合わせたい場合や、職業がら若いうちに稼げる時に歯並びがコンプレックとなっている方などは、セラミック矯正の方が向いている場合もあります。

要は、メリットとデメリットをしっかり理解した上で、治療に望む事が大切です。

セラミック矯正のメリット

  • 短期間で矯正治療できる事が多い
  • 虫歯治療と並行して矯正治療ができる場合がある
  • ワイヤー矯正治療のような持続的な痛みが少ない
  • 後戻りしにくい
  • 歯の色や形を選べる
  • 歯並び治療していることが目立たない

短期間で矯正治療できる事が多い

短期間でできるセラミック矯正ワイヤー矯正やマウスピース矯正では、基本的に1?3年以上の期間をかけて歯並びを整えますが、セラミック矯正は短期間で治療を終わらせることができます。セラミック治療を行う歯の本数によっても異なりますが、最短2回程度の通院で治療が完了することもあります。また、治療する歯の本数が多い場合でも、当院では6ヵ月以内に治療が終えられるケースがほとんどです。

セラミック治療は歯を削りセラミックを被せることによって見た目をきれいにする治療であり、歯の根を動かすわけではないので短期間で終えることができます。その為、「結婚式が〇月にあり、何としてでもそれまでに歯をキレイにして欲しい」、「仕事で稼げる時期が短いので、できるだけ短期でキレイにして欲しい」などのご要望にお応えできる点もメリットの一つです。短期間で歯並び治療を終えられたい方に適していると治療方法と言えます。

虫歯治療と並行して矯正治療ができる場合がある

虫歯治療と並行して矯正治療ができるセラミック矯正虫歯が極端に進行している場合は、虫歯治療を行ってからではないと歯列矯正で歯を動かすことは難しい為、一般的に矯正治療は虫歯など他の治療を終えてから始めますが、セラミック治療の場合は虫歯の治療も並行して行うことができるため、虫歯がある場合でもすぐに治療を始める事ができます。

また虫歯の進行度合いでは、矯正治療によって歯並びだけは良くなったが、銀歯や詰め物の跡が大きく目立つ場合があり、それらの歯を綺麗にしようとすると別途セラミック治療が必要となり、お金と手間が二重にかかる場合もあります。そのような場合は最初から一気にセラミック治療を行った方が、結果的に早く、安く、キレイになる場合もあります。

ワイヤー矯正治療のような持続的な痛みが少ない

持続的な痛みが少ないセラミック矯正「矯正治療は痛い」とよく耳にしますが、それは歯の根を動かすために力を加えていることが主な原因です。歯の根を動かす必要のないセラミック治療では持続的な痛みはありません

ただし、歯を削る事による痛み、神経の処置に伴う痛み、抜歯による痛みなど、全く無痛というわけではありません。

痛みの感じ方には個人差があり、ワイヤー矯正などで根を動かす痛みなどに耐えられない方も少数ながらですがいらっしゃいます。その為、ワイヤイー矯正で矯正をスタートされても、毎日の痛みに耐えかねて「セラミックでの矯正治療に変更したい」と治療法の変更をご希望される方もいらっしゃいます。

後戻りしにくい

後戻りしにくいセラミック矯正歯列矯正は、歯を理想的な位置へ動かしても、治療後、保定装置(元の位置に戻らないように固定する装置)をしっかり利用しないと「後戻り」します。

それに対しセラミック治療は、そもそも歯の根を動かす治療ではないため、「後戻り」するという心配が少ない治療法です。また、後戻りを防ぐための保定装置を着用する必要もありません。

また、噛み合わせによって歯が動きそうな場合には、複数本の歯を連結して製作(他人が見ても1本ずつにしか見えないように仕上げます)するテクニックなどもあります。

歯の色や形を選べる

歯の色や形を選べるセラミック矯正セラミック治療は、削った歯に被せる被せ物の色、形を選ぶ事ができるので、理想の歯の色や形に近付けることができる点が最大のメリットと言えます。

自分自身の歯が大きいのが悩みの方、歯に虫歯の治療跡が多数ある方、銀歯が多い方、ホワイトニングで解決できない色の歯をしている方。このような方は「歯列矯正」のみを行っても歯並びは改善したが、歯自身がキレイでないと、満足する結果となり得ない場合があり二重に出費がかかる場合もあります。その点、当院でのセラミック治療であれば、自然な歯の色から芸能人のような真っ白な歯まで選択頂くことが可能です。また歯科技工士(セラミックで色を再現してくれる職人さん)立ち合いのもと製作していきますので、グラデーションなどをかけたオーダーメイドの色の製作から「もっと丸い歯にしたい」、「もっと角ばった歯にしたい」といったセラミックの形まで、細かい部分まで患者様のご要望にお応えすることができます。

ただし、数本のみのセラミック治療の場合は、周りの自分自身の歯と調和がとれる形を選ぶ、ホワイトニングを併用するなどして、自然な口元にする上では大切な事だと思います。

歯並び治療していることが目立たない

矯正治療が目立たないセラミック矯正「矯正治療をしていることを周りに知られたくない」「口に装置を付けていると目立ちそう」と懸念する方も多いでしょう。

しかし、セラミック治療ではワイヤーなどの装置を付けて生活する必要がないため、治療していることが目立ちません。

歯を削ってから被せ物を被せるまでの間も「仮歯」を装着することで、周りの人から歯の治療中だと気付かれにくい状態にすることができます。

セラミック矯正のデメリット

  • 健康な歯も削る
  • 神経を取る、抜歯する
  • 咬み合わせは改善されない
  • 将来的に歯に問題が起きる可能性がある
  • 継続的に費用がかかる事がある
  • セラミック矯正は一生モノではない

健康な歯も削る

健康な歯も削るセラミック矯正セラミックの被せ物を被せるにはまず歯を大きく削らなければなりません。

自分自身の歯を土台として被せるため、自分自身の歯が小さくなります。もちろん、小さく削られた歯は元に戻ることはなく、削ることによって弱くなる場合もあります。また、弱くなった歯は、歯の根が割れてしまったり、欠ける、折れてしまう可能性もあります。最悪の場合、治療後数年は状態がよくても、数十年後に抜歯となることもあります。

神経を取る、抜歯する

神経を取る、抜歯するセラミック矯正悪い歯並びや噛み合わせの改善をする場合、歯を大きく削る必要があり、神経までの距離が近くなるため、神経を取り除く必要があります。もちろん全く神経を抜かずに治療する事もできますが、その分歯を削る範囲が小さくなり、希望通りの歯並びにすることができない可能性があります。

また、神経を取り除くと歯の強度が弱くなり、大きな力がかかる奥歯や、歯軋りをする方は、歯が割れるリスクが高まり、自分自身の歯を長く使うのは難しくなってしまう事もあります。

尚、セラミック矯正では歯の根の位置を変えることができないため、希望の歯並びからずれている歯は抜歯する事もあります。

咬み合わせは改善されない

咬み合わせは改善されないセラミック矯正セラミック矯正は、歯を動かす矯正治療ではないため、元の歯並びによっては噛み合わせが改善しないケースもあります。

また、骨格性の出っ歯などの治療はセラミック矯正では難しい為、従来のワイヤー矯正などでの矯正治療が必要です。

正中を合わせたり、全体の?み合わせまでの治療をご希望の方には、セラミック矯正はお勧め致しません。

将来的に歯に問題が起きる可能性がある

将来的に歯に問題が起きる可能性があるセラミック矯正歯を削ったり神経を取ったりすることで、土台とする歯が弱くなって欠けたり、歯の根の先に病巣ができてしまう可能性があります。

また、セラミック自体は経年劣化しにくい素材と言われていますが、衝撃にはやや弱く、割れてしまったり欠けてしまうこともあります。日々の食事の小さな傷や、噛み合わせや歯ぎしりによるすり減りが原因で再治療が必要になることもありますので、治療を受けられる際には、「保証の有無」や「保証が適用されるケース」など事前にしっかり確認されることをお勧めします。当院では保証制度を設けております。詳しくは「料金ページ」をご確認下さい。

他にも、年齢が上がるにつれて歯茎が下がり、被せ物と自分自身の歯との境目がはっきり見えてしまう可能性もゼロではありません。オールセラミッククラウンであれば、セラミックの淵から金属が見えてしまうことはありませんが、被せ物をしていることはわかってしまいます。

継続的に費用がかかる事がある

継続的に費用がかかる事があるセラミック矯正セラミックの被せ物が割れてしまったり欠けてしまった場合や土台の歯に問題が起こって治療が必要な場合やセラミックがすり減ってしまった場合などには再度セラミックの被せ物を作製しなおす必要があります。(※保証が付いているのであればその保証内で作り直して貰えるはずです。)

また、セラミック治療に限った事だけではありませんが、メンテナンスとして、歯石を取ったりするのに年に数回ほど、数千円の出費が必要です。

セラミック矯正は一生モノではない

セラミック矯正は一生モノではない歯列矯正は、後戻りしてしまった場合や理想の口元にならなかった場合に再治療をすることはあるものの、基本的には一度の矯正治療で終わりますが、セラミック治療は、希望する通りの治療を受けられた場合でも、再治療が必要となるケースが少なくありません。

なぜなら経年で歯茎が痩せるからです。例えると、お肌のシワです。老化には個人差があると言えども、20歳の時のお肌と、50歳のお肌とでは、少なからずシワは増えます。これが「お口」で言う所の歯茎の痩せです。

セラミックを入れたての時点では、歯茎とセラミックの間はほぼ隙間は無く、自然に歯が生えているように見えます。ただ、歯茎が痩せるとだんだんご自身の自歯が見えて来て、 セラミックと歯茎の間に自歯が見える、「ツートンカラー」状態となります。髪の毛でいうプリンの状態です。もちろん1年や2年でそのような状態になる事はほぼありませんが、10~20年程度経過すると、少なからずこの「ツートンカラー」が出没し始めます。

その為、審美的な面を非常に気にかける方であれば、セラミック治療を人生で何回か再作製される方もいらっしゃいます。

ご自身にあった矯正治療を

セラミック矯正は、歯科医院によっては、「セラミック矯正は絶対にやめたほうがいい!」「患者さんのことを考えていればセラミック矯正はありえない!」と強く否定しているところも実際あると思います。しかし、本当にセラミック矯正は受けてはいけないのでしょうか?

上記のセラミック矯正のメリット・デメリットを読んでいただけた方は、よく理解いただけたと思います。「自分にはセラミック矯正のデメリットよりもメリットの方が大きい」と判断した上で行うのであれば問題ありません。

但し、セラミック矯正を行う場合は、歯は見た目だけでなく咬み合わせなどの機能性も非常に大切であること、将来的なデメリットなどをよく理解しておきましょう。短期間できれいな歯になるという点を魅力に感じて、デメリットを知らずに気軽に治療を受け後悔しているという患者さんも残念ながら少なくありません。

聞いていなかった、知らなかったと思ってもお口の中を戻すことはできません。セラミック矯正を受ける時のポイントはメリットだけを説明する歯科医院ではなく、患者さん一人ひとりによって起こり得るデメリットや将来的な問題も説明してくれる歯科医院を選ぶことです。

向野敏也

また、セラミックの被せ物や歯にトラブルがあった時の対応についても事前に教えてくれる歯科医院だと安心して治療が受けられると思います。大阪のミント歯科では、セラミック治療においてしっかりとカウンセリングを実施の上、治療を提供しております。ご検討中に方は是非一度当院へご来院ください。カウンセリング後にお見積書を後て出しますので、その上でゆっくりご検討を頂き、治療を受ける受けないをお決め頂けます。

料金案内

セラミック治療の料金案内です。
(※自費診療となります。)

More

医療費控除制度について

セラミック治療でも施術によっては医療費控除の対象になります。

More

院長×セラミスト

院長とセラミストによる対談。

More

アクセス

心斎橋駅から徒歩3分、
四ツ橋駅から徒歩1分の好アクセス。

More